いつもベランダにいる少年 その理由とは… 悲しすぎる結末に「涙が止まらない」「心の奥深くを抉られた」の声が殺到

人間関係

citrus 編集部

 

漫画家としてご活躍中の江戸川治(@edoosam)さん。繊細な絵柄で描く感動的なお話が人気を博しています。

 

今回は、ある日ベランダで出会った二人のお話です。いったいどのような展開になるのでしょうか?

 

 

「ベランダのあの子」

 

 

 

 

いつもベランダにたたずむ少年と仲良くなった男性。毎日お菓子をあげ、交流を深めていきます。

 

すると、ある日、少年が「お菓子のお返しに」と折り紙の鶴をくれました。

 

 

数日後、テレビで流れていたのは、あの少年の死を伝えるニュース。ずっとベランダにいたのは、親による虐待でした。

 

ニュースによると、少年が亡くなったのは、最後に会ったはずの日の前日。

 

あの時、最後に少年が伝えたかったこととは……

 

 

「やさしくしてくれてありがとう」

 

男性があげた飴玉の包み紙に書かれた少年からのメッセージ。

 

親からの虐待を受けていた少年が最後に伝えたのは、「助けて」でも「苦しい」でもなく、「ありがとう」。

 

優しい二人に訪れた悲しすぎる結末に、ネット上では「涙が止まらない」「心の奥深くを抉られた」といった声が殺到しました。

 

江戸川治(@edoosam)さんは、このほかにも様々なお話を描かれています。気になった方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

過去作単行本も好評発売中! 

 

  

 


出典:(@edoosam)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ