【ガンダムシリーズ】アムロやカミーユにも勝てる!? 驚異のオールドタイプ戦士3人

エンタメ

TND幽介

※画像はイメージです

 

『機動戦士ガンダム』シリーズには、進化を遂げた人類である“ニュータイプ”がたびたび登場する一方、旧人類ながら高いパイロット特性を持つ“オールドタイプ”も存在し、物語を彩ってきた。今回はそんなオールドタイプの強者たちを振り返る。

 

 

■アナベル・ガトー:オールドタイプなのに“オールレンジ攻撃”を繰り出した猛者

 

まずは、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』より、主人公コウ・ウラキのライバルキャラである、ジオン軍残党デラーズ・フリートのエースパイロット、アナベル・ガトーだ。

 

一年戦争時代、ソロモン撤退戦において、連邦の追撃艦隊を叩きのめし、ジムの部隊を壊滅させたことで“ソロモンの悪夢”の異名を獲得したガトー。

 

続く、デラーズ紛争では、「ガンダム試作2号機」を駆り、コウと激戦を繰り広げた。紛争の最終局面では、巨大MA「ノイエ・ジール」に乗り込み、有線クローアームによる“オールレンジ攻撃”を披露! ニュータイプに勝るとも劣らぬ獅子奮迅の戦いを見せた。

 

 

■ヤザン・ゲーブル:ニュータイプすら翻弄させた“最強のオールドタイプ”と名高い男

 

次は、『機動戦士Zガンダム』より、“野獣”とも称されたエースパイロット、ヤザン・ゲーブルを推したい。

 

ジオン残党を狩る名目で結成された部隊ティターンズのパイロットとして登場したヤザン。戦場では欲望に忠実で荒々しい性格を存分に発揮し、折り合いの悪かった上司のジャマイカン・ダニンガンを、敵対していたエマ・シーンの乗るスーパーガンダムの砲撃を誘導する形で亡き者にしている。

 

その後、ニュータイプであるパプテマス・シロッコの配下となり、愛機「ハンブラビ」を受領。腹心の部下ラムサス・ハサ、ダンケル・クーパーと共に、主人公カミーユらに幾度となくトリッキーな襲撃をかけている。

 

最終局面では、シャアことクワトロ・バジーナを退け、最強のニュータイプと名高いカミーユ・ビダンを苦戦させ、カツ・コバヤシを撃墜、ヘンケン・ベッケナーの指揮する戦艦ラーディッシュをも轟沈させている。

 

 

■ラカン・ダカラン:強化人間すら沈める、一年戦争を生き抜いた“剛の者”

 

最後は、『機動戦士ガンダムZZ』から、一年戦争を生き抜いた歴戦の猛者であるネオ・ジオン軍人、ラカン・ダカランだ。

 

「ドライセン」、「ザクⅢ」、「ドーベン・ウルフ」と、機体を3機も乗り換えながら、最終決戦まで主人公ジュドー・アーシタを追い詰めたラカン。浅黒い肌をした筋骨隆々の男であり、自身のモビルスーツパイロットとしての腕を信用しているからか、宇宙での戦闘でもノーマルスーツを着用しない。

 

劇中では、『機動戦士ガンダム』から登場していたハヤト・コバヤシを撃墜し死に至らしめたほか、強化人間として驚異の活躍を見せたマシュマー・セロに、超重武装&一般兵士用でありがなら、サイコミュを搭載するという高性能機体「ドーベン・ウルフ」で構成された部隊で挑み、激闘の末これを撃破している。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

TND幽介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。人生の大半をアクションやSF、ホラー映画に笑顔で投げ込んできた男。元・編集者。最近はオカルトに興味を持ち怖い話を収集しているが本人の霊感はか...

TND幽介のプロフィール&記事一覧
ページトップ