【ガンダムシリーズ】絶対に“推し”になる! きれいなおねえさんは好きですか?

エンタメ

TND幽介

※画像はイメージです

少年・青年が主人公なことが多い『機動戦士ガンダム』シリーズ。劇中にはそんな思春期の主人公たちが憧れる“きれいなおねえさん”キャラも多く登場してきた。今回はなかでも印象的だった女性キャラクターを振り返る。

 

 

■マチルダ・アジャン:アムロが憧れほのかな恋をした初代“大人のお姉さん”

 

まずは、『機動戦士ガンダム』(1979年)から、地球連邦軍の補給部隊隊長を務めていたマチルダ・アジャンだ。

 

マチルダは激戦続くホワイトベースに補給物資を届けてくれる部隊長として登場。アムロにとって、その凛とした仕草と美しい容姿はしっかりと自分を導いてくれる“大人のお姉さん”として映り、強い憧れを抱いていた。

 

補給部隊に入った理由を、「戦争と言う破壊の中で、ただ一つ、物を作っていくことが出来るから…かしらね」と答えるほどに人間のできていたマチルダだったが、ドムを駆るジオンの歴戦チーム“黒い三連星”とアムロの戦闘に、彼を救うために割って入り命を散らせてしまった…。

 

 
■エマ・シーン:甘い言葉はあえてかけない。実直な性格の“職場のお姉さん”

 

次は、『機動戦士Zガンダム』(1985年)に登場するお姉さん、エマ・シーンだ。己の正義を信じ、クワトロ・バジーナに並ぶ優秀なモビルスーツパイロットとして、物語終盤まで有能なメインキャラクターであり続けた。

 

もともとはティターンズに所属していたエマだが、ティターンズの非人道的な虐殺行為の実態を知り、エゥーゴに転向。主人公カミーユらの登場する戦艦アーガマに赴任し、ガンダムMk-IIのパイロットとして数々の戦場をくぐり抜けた。

 

戦いで傷ついたカミーユをあえて甘やかさず、「慰めてもらいたいだけなら無駄よ。あなたと私は恋人でも何でもないのだから…」と、ときに厳しく突き放しながらも、精神的に自立させられるように戦場ではサポートを続けていたエマ。しかし戦局終盤に致命傷を負い、カミーユに「私の命を吸って…」という名セリフを残し絶命…。だが死後も、カミーユとシロッコとの最終決戦で、他の死んでいったキャラクターたちとともに思念体としてカミーユを援護し続けた。

 

 

■クリスチーナ・マッケンジー:優しく慈愛に満ちた“綺麗な隣のお姉さん” 

 

最後は、OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(1989年)に登場するヒロイン、通称“クリス”ことクリスチーナ・マッケンジーだ。

 

ニュータイプ用の試作モビルスーツであるガンダムNT-1のテストパイロットとして、故郷のサイド3リボーコロニーに里帰りしたクリス。主人公の少年アルとは隣人同士であり、優しく、芯のしっかりした赤毛の長髪美人お姉さん、といった印象のキャラクターだ。

 

物語が進むと、アルと仲良くなったジオンの優しい青年バーナード・ワイズマンと、互いの素性を知らずに惹かれ合っていくのだが…。しかしガンダムNT-1奪取作戦を巡る行き違いの果て、ボロボロになりながら挑んでくるザクⅡ改と戦闘。辛くも勝利するが、そのパイロットがバーナードであることは、ついぞ知ることはなかった…。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

TND幽介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。人生の大半をアクションやSF、ホラー映画に笑顔で投げ込んできた男。元・編集者。最近はオカルトに興味を持ち怖い話を収集しているが本人の霊感はか...

TND幽介のプロフィール&記事一覧
ページトップ