合コンで「経験人数」を女子から問われたとき、男子たるもの「○人」と答えるのがベストなのか?

ライフスタイル

 

どこぞの恋愛系サイトが「合コン中、男子が警戒してしまう女子からの質問」みたいな主旨の記事を配信していた。その「警戒してしまう質問」とは、

 

・  勤め先は?
・  出身校は?
・  お住まいは?
・  女性の経験人数は?
・  家族構成は?

 

……の5つであったが、当時、部屋着にしていたピンクのタンクトップ&半パンという林家ペーパースタイル・夏バージョンのまんま、急に呼ばれた合コンに代打で参加したこともあるこの私は、そんな風貌のせいか「勤め先」も「出身校」も「家族構成」も女子から質問されたことがない(「この格好で電車に乗ってきたのか?」って観点から「お住まい」はたまに質問されるw)。だが、婚活に関してもっと切実な、ひりひりとした雰囲気の合コンで、男子メンバーがすっきりしたスーツ君ばかりなら、こーいう質問もさり気なく、時には露骨に飛び交ったりもするのだろう。

 

で、前述した「5つ」のなか、私がもっともよく参加するたぐいの合コンで、もっとも頻繁に出てくる、しかも唯一 “情報操作” が可能な質問が「女性の経験人数は?」であるわけだが、いったい「○人」と盛る、あるいは削る、もしくは正直に申告するのが正解なんだろう?

 

私の友人で恋愛系のコラムを専門とする、とある女性ライターは、

 

成人男性なら年齢の十の桁に「1〜2人」をプラスするのが理想

 

……といった、なかなかに明確な公式を提唱していた。20代だと「3〜4人」、30代だと「4〜5人」、40代だと「5〜6人」……なるほど。(風俗などを除外すれば)「遊びすぎでもなく経験不足でもなく、女性とそれなりにちゃんと長く付き合ったこともある男性」を “演出” するには、ちょうどいい按配の数字なのかもしれない。ただ、こんな質問が絶えない浮かれた場へと定期的に足を運ぶ50代の初老男の回答が「6〜7人」では、さすがに少なすぎな気もしなくはない……けど?

 

一度、私と同世代の某ファッションカメラマンが「150人…くらい?」と答えて、周囲の女子たちにドン引きされた現場に居合わせたことがある。たしかに「百人斬り」の瞬間的な数字のインパクトは半端じゃない。しかし、よくよく考えてみてほしい。仮に “初体験” が10代後半だったとすれば、 “喪失” から約40年で、150÷40=3.75──つまり、年に3〜4人のペースで “イタして” いれば十分に達成できる、じつはさほど無茶な人数でもないのだ。「モテ期の固め打ち」ってケースもあるわけだし……。

 

結論を申すと、「ナイショ」「ノーコメント」「数えたことない」……がまかり通らないなら、その手の “勿体付け” が「ウザい」と煙たがられるような空気だったら、妙な小細工などせず、素直な実数を挙げときゃいいのではないか? 万一、質問者女性と肌を合わせるハメにでもなったら最後、そこらへんの嘘はある程度バレてしまうのだから。「人数のわりには慣れてる?」「人数のわりにはイマイチ…」……と。

 

ところで、合コンについて語るのはいいけど、新型コロナショックへの警戒がまだ解けきっていない今のご時世……この “ノウハウ” を実戦に活かせるようになるのは、まだちょっと先の話……なんでしょうな?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ