【雑学】そんな速度出さないのに…国産車のメーターが180km/hまであるワケ

話題

citrus 編集部

 

日本の高速道路の法定速度はご存知のとおり時速100キロですが、なぜ多くの国産車のメーターが時速180キロまであるのでしょうか。

 

■時速100キロだと色々な問題がでてくる
メーターが時速180キロになっているのは日本自動車工業会という団体、実質的には自動車メーカー間の話し合いで決まっています(軽自動車は時速140キロが多い)。

 

当たり前ですが、高速道路はまっ平らな道だけでなく上り坂になっているところもあります。一人で運転しているときもあれば、重い荷物を載せていたり、何人も同乗者がいるときもあります。さまざまなシーンで時速100キロを出せるようにするには、時速180キロ程度のスピードを出せる必要があると考えられたため、メーターもそうなったと言われています。

 

コスト的な側面もあります。公道以外のサーキットや私道ではルール上は時速何キロだしても大丈夫ですし、国によっても法定速度は異なります。多くの自動車メーカーがグローバル展開をしていますが、国や利用シーンによってそのたびに対応をしているとコストがかかりますし、時速100キロしか出ないクルマだと欧米のクルマに比べて大きく性能が劣ってしまい、売れなくなるという理由もあります。

 

年末年始にクルマに乗る機会がある方も多いと思いますが、法定速度を守って、くれぐれも安全運転をされてください!
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ