本当に恐いアルコール依存症…ロックバンドZIGGYのボーカルの壮絶な苦しみとは?

話題

 

1988年に発売され、その後50万枚を売り上げた「GLORIA」。演奏するのは、ロックバンドZIGGY。そのボーカルが森重樹一、当時24歳。派手なメイクや髪型、そして圧倒的な歌唱力とパワフルなステージ。翌年には武道館ライブも成功させた。そんな彼が......アルコール依存症に。


時に暴力的になり、そしてうつ症状も......。その壮絶な苦しみとは......!?


■いい歌を歌うために始めた酒

 

森重は本来、真面目で繊細な男だった。地元の高校を優秀な成績で卒業。早稲田大学に入学すると、哲学を学んだ。21歳でZIGGY結成。


バンド活動に対してもいたって真面目。酒を飲み始めたキッカケは......先輩からいい歌を歌うためには睡眠が大切だと勧められたから。

 

 

ささいな一言......そして森重は酒を飲んでみた。寝る前に数杯......すると翌日、いつもより声が出た気がした。やがて......ステージに立つ前にも飲むように。程よく酔った状態でのライブは、生真面目な自分から解放されたようで、心地よかった。


次第に昼夜を問わず飲むようになっていった。酒を飲むと、歌詞やメロディーがおりてきた。酒があれば、全てがうまくいくと感じた。まるで魔法のようだった。一方でアルコールは習慣的に摂取すると、耐性ができる。やがて森重は、酔うために更に多くの酒を飲むようになった。そんな中、36歳で結婚。


しかし、酒は増える一方......食事もまともにとらないまま、酒だけで胃を満たす。酒のせいで、記憶を失くすこともしばしば。そして、アルコールは次第に彼の人柄を変えていく。メンバーに対しても些細なことで怒りが爆発する。アルコール依存症になると、感情が抑えられなくなる場合が多い。

 

実はこの時、脳に異変が起きていた。アルコールの摂取により、理性をつかさどる前頭葉で神経伝達物質の働きが低下する。すると、行動や感情のコントロールが利かなくなってしまうのだ。それが続くと、前頭葉の萎縮を引き起こし、より理性をコントロールできなくなってしまう。


この時、仕事の仲間たちは、森重をただ酒癖が悪いとしか思っていなかった。「依存症」と「そうでない人」との違い......それは飲酒時の行動を制御できるかどうかにある。一旦飲むとやめられなくなったり、飲んではいけない場面でも酒をやめられない人は依存症。また酒が切れると禁断症状が現れる人も、アルコール依存症である。


常に襲う「焦燥感」。悪いことをしているとはわかっていても......酒をやめられない......。後悔にふたをするために、また飲むしかなかった。


■40歳......24時間酔っている状態に

 

40歳になる頃、アルコールは彼から睡眠をも奪った。不眠もアルコール依存症の大きな症状のひとつ。睡眠がとれずに体が休まらない。そしてブラックアウトするまで飲むようになった。


ライブのステージ上、彼の手には......なんと酒。そして、歌い終わるとステージ上の専用冷蔵庫からまた酒を出す。あるインタビュー映像でも......傍らには酒。24時間酔っている状態だった。


そんな生活が続き2007年、森重に娘が生まれた。しかしこのころ、アルコールのせいで彼はうつ症状が出ていた。飲酒によって、気分の良さを維持していた結果、大量のアルコールを飲まないと気分が沈んでしまうようになったのだ。


娘とまともに遊んでやることもできない。本当は自分もアルコールから逃れたい。しかし、酒が切れると禁断症状が襲ってくる。不快な症状から逃れるためには......結局飲むしかなかった。そうして、24時間飲み続ける日々。さらに、被害妄想が激しくなった。人に見られている恐怖。サングラスが欠かせない。
 

 

アルコールに溺れる夫と、慣れない育児......妻も限界だった。妻から離婚を切り出されると、ついに森重は酒との別れを決意。治療を受けるため、心療内科を訪ねた。


■一生向き合い続けるアルコール依存症

 

病院へ行った森重は医師からは抗酒薬を勧められた。抗酒薬とはアルコールが肝臓で分解される過程で起きる"不快な悪酔い状態"をあえて引き起こさせるもの。
 

 

それでも......森重は飲んでしまった。抗酒薬を飲んでいる状態での飲酒は、とてつもない気持ち悪さに襲われる。魔法だった酒はそこにもう存在しなくなった。


誰もがなりうる「アルコール依存症」。実はある衝撃的な事実がある。アルコール依存症というのは、脳の中にお酒を飲むとコントロールが利かなくなるという回路が出来上がってしまい、その回路は一生なくならない。何年も酒を断っていても、再び飲むことによってその回路はすぐ動き始めてしまうのだ。


アルコール依存症に詳しい重盛憲司医師によると、通院、投薬と並んで大事な治療方法があるという。それは自助グループに参加するということ。励ましあってやめていくという事以外にも、それぞれが人との接し方や、普段の行動の仕方で、(酒に頼ってしまう)自分の思考や感情に気づく。それがお酒をやめ続けるための大事なポイントなのだという。


現在なんと300万人近くいるといわれるアルコール依存症とその予備軍。酒が強い人ほど、アルコールを体内に摂取する量が多くなるため、要注意だという。


今日まで10年近い断酒に成功している森重。彼を支えているのは......家族、友人、仕事仲間。たくさんの人たちが自分の病気に理解し、協力してくれている。彼はこれからも、アルコール依存症と向き合いながら歌い続けていく。(2018年11月13日 ON AIR)

 

 


ザ!世界仰天ニュース

「芸能人に実際に起きた事件 2時間スペシャル」

放送日時:12月1日(火)21:00~22:54

 

VTRでは、芸能人がプライベートで体験した命の危機!大怪我!などの事件が6連発で登場!本人たちの完全再現で紹介する。愛する夫のリクエストで大雨の中買い物に出かけたLiLiCo。だが、突然の激痛で立てなくなり、全身ずぶ濡れに…。ある理由で声が出ず助けも呼べない!絶体絶命の大パニックを再現で熱演!さらに、フリーアナウンサー・亀井京子が自宅で血まみれになった驚きの理由とは!?

 

 

スタジオではゲストの仰天トークも!坂口は大雨の日に起きた仰天事件を。帰宅したところ自宅の天井が膨らんで垂れ下がり、「雨漏りというか、天井から降ってるみたいな」状態になっていたという。「めちゃくちゃ怖かったです」と振り返った出来事のまさかの原因とは?
峯岸は糖質制限ダイエットにチャレンジした際、「ダイエット中にお腹がすごく痛くなった時があったんですよ」と語り、「朝点滴を打って、ライブをしてっていうのを繰り返してたんですけどよくならなくて…」と病院へ。そこで判明した意外な事実にスタジオ騒然!
 

 

MC:笑福亭鶴瓶・中居正広

アシスタント:杉原凛(日本テレビアナウンサー)

スタジオゲスト:亀井京子、坂口健太郎、笑福亭笑瓶、髙橋優斗(HiHi Jets)、フワちゃん、峯岸みなみ

公式HP:http://www.ntv.co.jp/gyoten/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ザ!世界仰天ニュース

世界各国で実際に起こったさまざまな事件・事故、日常生活に潜む“仰天エピソード”を、当事者への取材をもとに再現ドラマで紹介するドキュメントバラエティ。MCは笑福亭鶴瓶、中居正広。 ザ!世界仰天...

ザ!世界仰天ニュースのプロフィール&記事一覧
ページトップ