そんな使い方だったのか!コーヒーの受け皿はなぜあるのか?

話題

citrus 編集部

 

喫茶店でコーヒーや紅茶を注文すると一緒にソーサーもつきますが、何の意味があるのか疑問に思ったことはないでしょうか。
 

実は、イギリスを中心としたヨーロッパでは20世紀初期までコーヒーや紅茶をソーサーに移してから飲むという習慣がありました。当時、ヨーロッパには猫舌の人が多く、飲み物を冷ますためにソーサーに移していたと言われていますが、もちろん文化的な背景もあります。
 

お茶の文化が広まった17世紀ごろのヨーロッパでは、食器のほとんどがお皿でした。当時、コーヒーは取っ手がないお椀のような器で飲まれていましたが、お皿の文化が強いため、器をソーサーにのせるようになりました。その後、器からソーサーに移して飲まれるようになったため、昔のソーサーはカップと近い容量のものが主流で、底が深いものが使われていました。
 

日本人にはピンときませんが、コース料理で出てくるスープがカップではなく、今でもお皿で出されるように、コーヒーもソーサーで飲まれていた、ということです。
 

20世紀に入ってから次第に今のようなスタイルになり、ソーサーはスプーンや砂糖を置くのに便利なためそのまま残りました。今では稀ですが、ヨーロッパでは今でもコーヒーをソーサーに入れて飲むご年配の方もいらっしゃいます。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ