正月飾りは何日に飾り付けるのがベスト?片づける時期は?

話題

citrus 編集部

 

■正月飾りとは…

正月飾りとは、新年に新しい神様を迎え、祀るための飾り物の事をいい、一般的に「門松」「しめ飾り」「鏡餅」などのことを言います。

用意し始める時期としては、暦の上で「正月事始め」とされる12月13日以降がよいとされています。

しかし、現代の日本では、12月25日まではクリスマスの飾りつけをする家庭が多く、街を見てもクリスマスムード一色。

正月飾りはそれ以降に飾られることが多いですよね。

では、クリスマス以降だと、何日に飾りつけを行い、何日に片づけるのが良いのでしょう?

 

 

■飾りつけと片付けのタイミング

末広がりの「8」を含み、縁起の良い12月28日に飾るのが好ましいと言われています。

一方、29日と31日は避けた方が良いと言われています。

29日は「九松」といわれ、「苦待つ」や「二重苦」の意味があり、31日は直前すぎて神様に失礼だとされています。

また、門松を飾る時期は暦上では「松の内」と呼ばれており、この期間が終わる1月15日に片づけるのが良いのだとか。

ただ、近年では、七草がゆを食べる1月7日に片づけるという地域も多いようです。

気になる方は、お住まいの地域の風習を調べてみてはいかがでしょう?

 

 

■正月飾りとは…

正月飾りとは、新年に新しい神様を迎え、祀るための飾り物の事をいい、一般的に「門松」「しめ飾り」「鏡餅」などのことを言います。

用意し始める時期としては、暦の上で「正月事始め」とされる12月13日以降がよいとされています。

しかし、現代の日本では、12月25日まではクリスマスの飾りつけをする家庭が多く、街を見てもクリスマスムード一色。

正月飾りはそれ以降に飾られることが多いですよね。

では、クリスマス以降だと、何日に飾りつけを行い、何日に片づけるのが良いのでしょう?

 

■飾りつけと片付けのタイミング

末広がりの「8」を含み、縁起の良い12月28日に飾るのが好ましいと言われています。

一方、29日と31日は避けた方が良いと言われています。

29日は「九松」といわれ、「苦待つ」や「二重苦」の意味があり、31日は直前すぎて神様に失礼だとされています。

また、門松を飾る時期は暦上では「松の内」と呼ばれており、この期間が終わる1月15日に片づけるのが良いのだとか。

ただ、近年では、七草がゆを食べる1月7日に片づけるという地域も多いようです。

気になる方は、お住まいの地域の風習を調べてみてはいかがでしょう?

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ