映画『ガンダムSEED』予想 主人公キラはザフト軍白服でνフリーダムガンダムに乗る!?

話題

citrus 堺屋大地

 

さまざまな事情で事実上の凍結状態だった『機動戦士ガンダムSEED』劇場版。なんと5月28日に、制作が再決定したことが発表されました…! そこで続編となる劇場版の展開を予想。今回は『SEED』の主人公キラ・ヤマト編!

 

2002年10月に放送開始したテレビシリーズ『機動戦士ガンダムSEED』(全50話)と、2004年10月に放送開始した続編テレビシリーズ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(全50話)をもとに、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者が考察させていただきます。

 

 

■昼ドラ展開は昔の話…キラとラクスは老夫婦のようで超安泰

遺伝子操作をしていない通常の人類「ナチュラル」と、遺伝子操作された新人類「コーディネイター」との対立を描いた『機動戦士ガンダムSEED』。

 

主人公キラ・ヤマトは、自身はコーディネイターでありながら、ひょんなことからナチュラル側(地球連合軍)のガンダムパイロットとなります。紆余曲折を経て、キラは地球連合軍から離反し、その後は第三戦力としてナチュラルとコーディネイターの戦争終結のために奮闘するのです。

 

2年後が舞台の続編『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』でもナチュラルとコーディネイターは再び戦争を始めてしまいます。そんな続編は、主人公がザフト軍のエースパイロットであるシン・アスカに代わりますが、キラも途中から物語に参戦。

 

ザフト軍のエースであるシンが主人公のため、物語序盤はザフト軍側に“正義”があるような描写がされていきますが、徐々にザフト軍側に不穏な空気が漂い始め……。

 

前作の主人公であるキラ視点でもストーリーが進むようになっていくと、ザフト軍の黒い裏側が見え出し、思想が異なる新旧主人公(シンとキラ)がそれぞれのガンダムに乗って激突するというストーリーでした。

 

さて『SEED』シリーズファンであれば、『SEED DESTINY』テレビシリーズ最終回の後日譚シーンが描かれた「FINAL PLUS」や「スペシャルエディション完結編」で、ザフト軍の白服を着たキラが登場していたことはご存じでしょう。

 

白服とは、ザフト軍において指揮官クラスに与えられる特別な軍服。つまり“白服キラ”シーンは、キラがさんざん敵対していたザフト軍に電撃加入し、しかもいきなりある程度の権力を与えられたことを示しているのです。

 

ですから劇場版のキラは、白服をまとってザフト軍の指揮官として登場する可能性が濃厚でしょう。また、きっと「ν(ニュー)フリーダムガンダム」のような彼専用の新機体も登場するはず…!

 

ただ、キラがモビルスーツに乗るシーンはあまり描かれず、クライマックスのあたりで搭乗するぐらいになるかもしれません。というのも、キラのモビルスーツパイロットとしての強さは、『SEED DESTINY』時点ですでにチートレベルの無敵感があったからです。キラが戦場に現れると無双状態になるため、物語序盤から頻繁に戦場に出ることはないのではないでしょうか。

 

次に、キラの恋愛模様がどう描かれるかですが、コーディネイター側のお姫様的存在であるラクス・クラインとの愛の絆はもう揺るがないでしょう。

 

精神的にまだ不安定だった『SEED』時代のキラには、サブヒロインだった美少女フレイ・アルスターと肉体関係を結ぶという衝撃展開がありました。フレイはキラの親友男子の婚約者であったにもかかわらず、キラを利用するために一夜を共にするという小悪魔的キャラ。

 

さすがにテレビアニメでキラとフレイの“最中”のシーンは映されませんでしたが、明らかに“事後”と思われるベッドでの二人はばっちり描かれており、昼ドラ顔負けのドロドロもあったのです。

 

しかし、キラはその後、ラクスと引っ付くと恋愛的には超・安泰。『SEED DESTINY』でのキラとラクスは、なんだったら老夫婦のような穏やかな空気感さえ漂わせていたので、劇場版で彼らに恋愛的試練があるとは考えにくいですね。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

堺屋大地

恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。これまでに『女子SPA!』(扶桑社)、『スゴ得』(docomo)、『IN LIFE』(楽天)などで恋愛コラムを連載。現在は『文春オンライン』(文藝春秋)、『週刊女性PRIME』(主婦と生活社)、『日刊SPA!』(扶桑社)などにコラムを寄稿している。LINE公式サービス『トークCARE』にて恋愛相談を受け付けており、カウンセラー1位(2018年6月度)。『5時に夢中!』(TOKYO MX)などに恋愛に関するコメント出演経験もあり。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。そんな4軍マインドをベースに真摯に恋愛を分析。Twitter @SakaiyaDaichi

ページトップ