「恋愛対象じゃなかった女子」を好きになるケースについて考える前に、「そもそもなぜ、その女子は恋愛対象じゃなかったのか?」を自問自答してみた!

エンタメ

 

女性向け赤文字系ファッション誌『CanCam』のネット版『CanCam.jp』が、「恋愛対象じゃなかったはずなのにデートで好きになった5つの瞬間」なるタイトルの記事を配信していた。男性117名を対象として「どんな瞬間に(今まで)興味がなかった女性を好きになったのか」を調査し、彼らが「恋に落ちた5つの瞬間」を紹介する内容であった。ド直球ではありながらも、我々男子からしてもなかなかにこう興味深いテーマをブチかましてくるあたりは、若い女子の最大公約数的な恋愛事情を30年近くほじくり返し続けてきた実績を持つCanCamだけあって、「さすが!」といったところか?

 

ちなみに、アンケートの結果によると「あまり恋愛対象ではない女性からデートに誘われた」場合、じつに69%の男子が「とりあえずOKして行ってみる」らしく、「恋愛対象ではない女性とデートに行って、結局その後『いいかも』と思った」ケースは55%もある……のだそう。ほうほう! けっこうあるんですね、こーいうことって……。かくなる私も、少なく見積もって5回くらいはあった……と記憶する。

 

さて、では本題の「恋愛対象じゃなかったはずなのにデートで好きになった5つの瞬間」とは???

 

(1)   話したら意外と気が合った
(2)   内面・外見で意外な面があった
(3)   気遣いがあった
(4)   礼儀正しかった
(5)   家庭的な面があった

 

う〜ん……わからなくはないけど、私は正直な話、どれもピンと来なかった。どうして「ピンと来ない」のか? その理由を分析する前に「そもそもなぜ、私はある一定の女性には恋愛感情を抱けないのか?」について考えてみたい。

 

「あくまでゴメス個人」に限定すれば、私はズバリ!「プラトニックな関係の壁が立ち塞がる女性」には絶対に恋愛感情を抱けない。逆に言うと“なんらか”の「一線を越えるかもしれない可能性」を見出せさえすれば、ほぼすべての女性が恋愛対象となりうる。たとえ「気遣い」や「礼儀正しさ」や「家庭的な面」……などがゼロであっても、だ。

 

一応、断っておくが「露出度が高い→ムラムラする」みたいな単純な定理ではない。そして、何度かデートを重ねていくうちに、(稀にではあるけど)相手のさり気ない言動や仕草、いつもとはコンセプトを異にしたファッションやメイク……ほか諸々から、ふと「これまで隠蔽されていたフェロモンのようなもの」に触れてしまったとき、私はたちまち恋に落ちる……。まさに「恋愛対象じゃなかった子を好きになってしまう瞬間」であり、それは「その子のことを心身ともにもっと知ってみたい!」という“願望”のあらわれである。

 

あと、「私に興味のない女性」に(「私に興味のない男性」にも)、原則として私はまったく興味を持つことができない人間なので、「自分に1ミリも脈がない女性」に対しても、恋愛感情を抱くこと(いわゆる「片想い」の状態)は……まあない。表現を変えれば、最初は私を完ペキにノーマークとしていた女性が、じわじわと私への興味と好意を示してくだされば、私も同様の“想い”の“量”で、比例的にその彼女のことを好きになっていく……。

 

捉えようによっては相当に傲慢な理屈なのかもしれないが、私はそんな自分の“わかりやすい”感情の起伏と機微が、わりと嫌いじゃなかったりする。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ