【カルピスのアレンジレシピ】原液とクリームチーズで奇跡のマリアージュ…試してみて

話題

TND幽介

 

1919年に日本初の乳酸菌飲料として発売された「カルピス」。なんと2021年で102年にもなる長い歴史を持つ同商品は、公式ホームページで様々なアレンジレシピが公開されている。今回は、そこから一度食べたらやみつきになるおすすめレシピを2品紹介する。

 

 

■【クリームチーズ&「カルピス」のディップ】濃厚なのに爽やかな癖になる一品

まずは「クリームチーズ&『カルピス』のディップ」というレシピからご紹介。カルピスを大胆にもクリームチーズと掛け合わせ、お酒とも合うパーティー向けのおつまみに変身させるとは、なかなか大胆なアイディアだが、その仕上がりはいかほどなのだろう。

用意するのは、「カルピス(希釈用 大さじ1)」と、「クリームチーズ(常温 36g)」、「クラッカー(適量)」となっている。使うのはカルピスウォーターなどのそのまま飲めるタイプではなく、あくまで希釈用のものなので注意されたし。(材料は2人分)

作り方は、ボウルに「クリームチーズ(常温 36g)」を入れ、そこに少しずつ「カルピス(希釈用 大さじ1)」を入れ、滑らかになるまでよく混ぜ合わせるだけ。

クラッカーにたっぷりとディップをつけて口に運ぶと、まるでヨーグルトのような乳酸菌の酸味とまろみが鼻を抜ける。直後にクリームチーズの濃厚なコクと「カルピス」の爽やかな味わいが口に広がり、これが最高においしいのである。塗るレアチーズケーキのような味わいの絶品おつまみだ。

 

 

■【「カルピス」のもみもみシャーベット】レストラン級のシャーベットが簡単に

次に紹介するのは「『カルピス』のもみもみシャーベット」というアレンジレシピ。シャーベットは基本的に冷凍庫に入れるだけなので、アイスクリームなどに比べると簡単に作ることができるが、このレシピでもそのお手軽さは変わらないようだ。

材料は「カルピス(希釈用 100ml)」、「牛乳(200ml)」、「お好みのフルーツ(適量)」とシンプル。今回はオレンジとりんごを用意した。材料は2人分を目安にしているので、多めに作り置きしておきたい場合は倍量で計算してほしい。

作り方は、まず「お好みのフルーツ(適量)」をサイコロサイズにカット。次に、大きめのフリーザーバッグに「カルピス(希釈用 100ml)」と「牛乳(200ml)」を入れ、よく混ぜ合わせる。そこにカットした「お好みのフルーツ(適量)」を入れ、空気をよく抜いて封をしたら、冷凍庫で3〜4時間冷凍。その後はフリーザーバッグごとよく揉んでから、お皿に盛りつければ完成だ。

食べてみると、シャクシャクとした冷たいシャーベットとフルーツの食感が非常に心地よい。肝心の味だが、最初に感じるのは「カルピス」の微かな酸味と爽やかな甘み。そして後味にまったりとした「牛乳」のコクが広がる二段構えとなっている。後味は意外にも重くないので、あっという間に食べられてしまうだろう。とても完成度の高いおすすめスイーツレシピだ。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

TND幽介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。人生の大半をアクションやSF、ホラー映画に笑顔で投げ込んできた男。元・編集者。最近はオカルトに興味を持ち怖い話を収集しているが本人の霊感はか...

TND幽介のプロフィール&記事一覧
ページトップ