7割の女性が初対面の男性からのタメ口はイヤと回答…では、どのようにタメ口を混ぜて打ち解ければよいか、その定則を考えてみた

話題

 

「初対面でタメ口の男性はアリですか? イヤですか?」

 

そんなようなことをちまたの女子に問う内容の記事を、女性向けファッション雑誌『CanCam』の公式サイト『CanCam.jp』が配信していた。とりあえず、読者アンケート調査(20代女性100名対象)による「アリorイヤ」の比率は、以下のとおりであった。

 

全然アリ  :9%

まあアリ  :27%

ちょっとイヤ:42%

絶対イヤ  :22%

 

「大歓迎!」な女子はたったの1割弱! 「大なり小なりイヤ」な女子が約7割をも占めるという結果でありました(※←敬語w)。

 

「イヤ」派の理由の大半は「馴れ馴れしいから」。あと、「チャラい」「礼儀知らず」「相手を尊重しないタイプの男っぽい」……なんて意見も。

 

いっぽうで、「アリ」派の理由には「適度なタメ語なら仲良くなれそう」みたいな論調が多かった。「へぇ〜そーいうもんなんだ…?」と、ゴメス的にはチョッピリ意表を突かれたのが「近い年齢だったらアリ」「敬語を使うと自然と言葉を選ぶようになるから苦手」といった意見。なるほど! 年輩者のタメ口は逆にアウトなんですね!? それに「敬語が会話の内容を堅苦しくする」ってえのは……言われてみれば、なんとなく納得できなくもない。いや〜勉強になりましたっm(__)m

 

ちなみに、私は初対面の人間には性別年齢問わず……3歳児にまで「はじめまして。ゴメスと申します」と、敬語を使ってしまうタイプの男である……いや、男であった。

 

なぜ「あった」と過去形にしたのかと申せば、とある合コンの席で、たまたまとなりに座った女性から、

 

「ゴメス?…さんの敬語って、ヒトに対して『これ以上、自分に入ってこないでください』的な壁をつくってるっぽくて、なんとなく冷たく感じるんですけど〜」

 

……と、にこやかに指摘されて以来、少なくともプライベートの場では極力、会話中に1〜2割くらいのタメ語を挿入するよう、日々努力しているのだ(※相手が年上であるケースは除く)。

 

ゴメス「どこにお住まいなんですか?」

 

──◯◯です。

 

ゴメス「おお! ボク、何度か行ったことありますけど、とてもいい所ですよね。もう長いの?」

 

──5年くらいかな…?

 

ゴメス「たしか、駅前に美味しいワインバーがありません?」

 

──知ってる知ってる!

 

ゴメス「あそこ、カポナータがめっちゃ美味しいんだよね。今度一緒に行きましょうよ!」

 

……と、まあこんな具合に……であって、結果的には「適度なタメ語率」へと近づいているわけである。おそらく……。

 

こうした実地訓練を積み重ねてきたなかで、私なりに導き出した定則とは、

 

(プライベートにおける)初対面の相手とのトークでは、2〜3割程度のタメ語をミックスする。ただし、一つの会話が終わるトメ(※↑だと「今度一緒に行きましょうよ!」の部分)は必ず敬語を使う!

 

……ってヤツなんだが、はたしてコレが本当に正しいのかどうかは、まだタメ語歴が短いせいか、正直なところ……あまり自信がない。したがって、決して鵜呑みにはせず、自身の外見や声質、さらには相手との関係性などを総合的に客観視したうえで、自分なりの「タメ語と敬語の黄金律」をジャッジしてください。(無責任w)

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ