けっこうな年齢になっても「友だちが欲しい」あなたに贈るたった一つのアドバイス

コラム

 

ネット版の『COSMOPOLITAN(コスモポリタン)』が、「社会人になったら友達はできない? 大人になってから友達を作る12の方法」なるタイトルの記事を配信していた。ほう!  “12球” もあるんですか……!? そんだけ投げれば、一球や二球はズバッと打者の内角をエグる渾身のストレートが来るに違いない。さっそく、その「12の方法」を “伝授” していただこう。

 

(1)友達の友達と繋がってみる
(2)他人を褒める
(3)時間をかける
(4)アプリを使う
(5)速攻で距離を縮める
(6)昔の友達と再会する
(7)期待値を低めに設定する
(8)時間を作る
(9)我慢強くなる
(10)自信を持つ
(11)もっと外出する
(12)新しいタイプの友達を受け入れる


ふ〜〜〜む……キャッチャーも捕れないクソボールは一球もない。おそらく全球ほぼストライク──ただ、バッター(=友達を作りたい側?)からすれば、どの球もそこそこに打ちごろで、バッティング練習には最適なんだけど……残念ながら “目が覚めるような豪速球” は、少なくとも私には放って来なかった?……みたいな印象であった。


同記事の冒頭にもあるように

 

学生時代は、いつだって仲の良い友達と一緒にいたはず。ところが社会人になると、仕事仲間はできても、友達を作るのは難しくなった……と感じている人は少なくないのでは?


……ってのは、たしかに間違っちゃいない気がする。ましてや、40代・50代……と、年齢を重ねれば重ねるほど、「友達を作る」という “命題” はハードルがぐんぐんと高くなる。


そんな劣悪化していく環境下においても「友達がもっと欲しい!」と望むあなたに、アラカンの私から贈りたいアドバイスは、たった一つ!


公私・男女問わず、初対面でそれなりに意気投合した(と感じた)相手は、


「近々にまたゆっくり飲みにでも(食事にでも)行きませんか?」


……と、必ず誘ってみること。そして、その “口約束” を


「社交辞令で終わらせないこと!」


……コレに尽きると、私は思う。


第一ステップの「飲みに誘ってみる」は、誰にでも比較的簡単にできる。このとき注意すべきなのは、相手の連絡先をきちんと……プライベート感をいっそう強調するため、できればLINEでゲットしておくこと……くらい? 意外となくもないですからね──「飲みに行きましょう!」ってことになっても、連絡先すら交換しないケースって(笑)。


けれど、加齢するごとに時間をつくるのが億劫になってくるのか、 “新しい知人” とタイマンで話すことに躊躇が生じるのか、それとも単に「断られるのが恥ずかしい」のか……たいがいが、第二ステップの段階で頓挫してしまうのだ。


別にいいじゃないか! 万一「自分だけの空回り」状態で終了になったとしたって……そのヒトとは二度と顔を合わすこともないのだから。


私は「いい大人になるほど友達ができにくくなる」のは、こうしたフットワークの軽さが徐々に失われていくことだけが原因だと、にらんでいる。極論すれば、こういう迅速な動きが当たり前のようにできることこそが、 “若見え” する一番の秘訣なのではなかろうか。

こちらの記事もおすすめ!
年間200万円の借金、全てパチンコにつぎ込み… どうしてもやめられない "ギャンブル依存症" の恐怖

年間200万円の借金、全てパチンコにつぎ込み… どうしてもやめられない "ギャンブル依存症" の恐怖

ページトップ