走行中の嫌がらせや盗難… アナタと愛車をトラブルから守る方法

車・交通

citrus 編集部

走行中に煽られたり、進路をふさがれたりした経験はありませんか?こうした嫌がらせ行為にまともに関わっていては命を落としかねません。最近ではレンタカーを運転する外国人とのトラブルも増えています。盗難から愛車を守る方法なども合わせてご紹介します。

 

 

 

■煽られたり、進路をふさがれたりしたときの対処法

高速道路の本線上でいきなり停車することがどれほど危険なことかは多くのドライバーが知っていることだが、場合によってはタチの悪いドライバーが乗った車に進路を妨害されて、本線上に停車せざるを得ない場合もある。しかし、考えてみれば相手はあなたの進路に合わせて妨害したり、煽ったりしているということはつまり車線を決める主導権はあなたにあるということだ。

嫌がらせが高速道路だった場合は、決して逃げ場のない追い越し車線に「誘導」してはいけないという著者。まともな精神状態ではない相手と話し合いなどできるはずもない、判断して適切な対処が必要です。具体的にはどうすればいいのでしょうか。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>高速道路で嫌がらせを受けた時の「命の守り方」

 

 

 

 

■車を盗難から守るために覚えておきたい予防策

かつて盗難されやすい車種と言えば、ハイエースやランドクルーザーが常連だった。筆者の知人も、車3台をタテに停めている自宅駐車場で、一番奥にもちろん施錠した状態で停めていたランドクルーザー「だけ」が盗まれた経験を持つ者もいる。

 

調査ではプリウスが4年連続でワースト1となっている。ランドクルーザー、ハイエースも相変わらず上位だ。

自動車窃盗団は盗んだ車を秘密のヤードで解体し、海外に「輸出」するそうですが、大切な愛車を守るためにはどんな策を講じればよいのでしょうか?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>盗難台数ワースト1は「プリウス」、盗難率では断トツ「ランクル」。愛車を盗難から守る方法は意外にアナログかもしれない…

 

 

 

■外国人運転のレンタカーの急増にどう対処すべきか

訪日外国人の数が激増している昨今。日本に来てレンタカーで観光する外国人も年々増加の一途をたどっている。そして、それに比例して増えているのが外国人ドライバーによる交通事故である。

日本は左側通行の国であり、一般的なレンタカーは100%右ハンドル。慣れない右ハンドルで運転する外国人のレンタカーとトラブルを避けるために、私たちができることとは?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>外国人のレンタカー利用者数がとんでもないことに!事故も急増?

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ