『スラムダンク』最終回のその後…翔陽・藤真の意外すぎる○○、海南・牧の○○の秘密とは

エンタメ

昌谷大介

 

国内累計発行部数が1億2000万部以上という、驚異的な記録を打ち立てているスポーツマンガの金字塔『スラムダンク』。不良だった赤髪のバスケ初心者・桜木花道が、湘北高校バスケットボール部に入部し、強豪校のライバルらと対戦しながらメキメキと頭角を現していく物語に、多くのファンが魅了されたものです。

 

さて、そんな『スラムダンク』が連載終了したのが1996年ですが、その8年後である2004年、作者の井上雄彦先生によって、“最終回のその後”が描かれたことをご存知でしょうか? 『スラムダンク一億冊感謝記念・ファイナルイベント』にて、当時使われていなかったとある高校の黒板に、井上先生が描いたのは「あれから10日後-」。そう、人気キャラたちの最終回の10日後をショートストーリー化していたのです…!

 

今回は「あれから10日後-」のなかで描かれた、翔陽高校・藤真健司と海南大附属高校・牧紳一の意外な姿をご紹介。

 

 

■美形キャラの翔陽・藤真がギャグ要員として駆り出される

 

インターハイ予選で主人公・桜木花道らの湘北高校と対戦し、敗れた翔陽高校。

 

夏のインターハイで引退する3年が多い中、翔陽はキャプテンの藤真健司をはじめとしたスタメン全員が冬の選抜(選抜優勝大会)にも出場するため、「あれから10日後-」でも練習開始前の気合いの入った(?)スタメンたちの姿が描かれます。

 

ナレーションで「冬の選抜に出場できるのは一チーム 翔陽は何かを変える必要があった」と語られ、スタメンたちがメガネを変えたり、髪形を変えたりして次々に意外な姿を披露。

 

そして、真打登場とばかりに現れた藤真は…………ヒゲを生やして登場! 端正な顔立ちで本作の中でも屈指の美形キャラだった藤真のヒゲヅラは、正直あまり似合っておらず、2年生の後輩が「そんなの藤真さんじゃないやいっ」と泣きながら去っていくというオチ…。

 

“何かを変える”ピントがズレている翔陽メンバーがギャグタッチで描かれたのでした。

 

 

■本編では一切触れられていなかった牧の肌の黒さの理由

 

インターハイ17年連続出場、インターハイ全国2位という超強豪校である海南大附属高校。

 

その海南のキャプテンであり、「神奈川No.1プレイヤー」と称される牧紳一は、肌の色が黒いキャラでした。

 

そんな牧を、バスケ雑誌記者たちがある意外な場所で見つけるのです。

 

湘南の海、そこにあるのはサーフィンに興じる牧の姿…!

 

記者たちは「インターハイ2位の海南の強さの秘密をさぐるわよ」と意気込んでいましたが、華麗に波に乗る牧の姿を目の当たりにし、「とりあえず…」「黒さの秘密はつかんだわね…」と妙に納得するのでした。

 

本編では牧の肌の黒さの理由については一切触れられておらず、連載終了から8年が経ち、明かされたその黒さの秘密…。確かに本作はサーファーたちが集う湘南近辺がメイン舞台でしたから、言われてみれば…と腑に落ちる理由でもありました。

 

藤真と牧、神奈川の二大スタープレイヤーのおちゃめな姿やプライベートが知れる、ファン垂涎の貴重な後日談だったことは間違いないでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

昌谷大介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)代表。ライター・エディター・映像クリエイター。1979年、神奈川県生まれ、大正大学 文学部 日本語・日本文学科卒業。『週刊プレイボーイ』(集英社)、『ダイヤモン...

昌谷大介のプロフィール&記事一覧
ページトップ