『ドラゴンボール』公式アニメでフリーザの兄・クウラが味方に!? しかもゴールデン化!?

エンタメ

昌谷大介

 

『ドラゴンボール』シリーズは現在もアニメプロジェクトが進行中! 今回は『スーパードラゴンボールヒーローズ』というゲームのプロモアニメにて、フリーザの兄であるクウラが登場し、味方になり、さらに進化形態もお披露目したことを紹介します。

 

■『スーパードラゴンボールヒーローズ』のプロモアニメとは?

 

デジタルカードゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ』のプロモーションアニメの第1話が、YouTubeで公開されたのは2018年6月のこと。それから約1年半が経過した2020年1月1日現在、このプロモアニメは第18話まで公開されています。

 

ストーリーは、2015年7月~2018年3月まで放送されていたテレビアニメシリーズ『ドラゴンボール超(スーパー)』の最終回後を描いています。ただ、ここが少々複雑なのですが、『ドラゴンボール超』の正統な続編というわけではなく、おそらくかつての『ドラゴンボールZ』劇場版のように、公式アニメは公式アニメだけど正式な本筋とは枝分かれした異なるストーリーのような扱いになっている模様です。

 

さて、そんな『スーパードラゴンボールヒーローズ』プロモアニメは、オープニング曲などを除いた1話ごとの長さは約7分間と短いものですが、18話までの累計で約126分。すでに長編映画なみのボリュームとなっており、しかもストーリーはまだ続いています。そんなオリジナルストーリーがYouTubeで全話無料公開されているわけですから、『ドラゴンボール』シリーズファンは必見です!

 

 

■ゴールデンメタルクウラは超サイヤ人ブルー・ベジットより強い!?

 

ここでクウラについて説明しておきましょう。クウラとは宇宙の帝王・フリーザの兄。本筋とはパラレル設定となっている『ドラゴンボールZ』劇場版に登場した敵キャラです。頭から四本の角が生え、黒目がなくなり、口はマスクで覆われた変身形態を持っているのが特徴で、フリーザよりも強いとされています。また、悟空に倒された後も次作の『ドラゴンボールZ』劇場版にて、機械化された銀色のメタルボディとなったメタルクウラとして再登場もしています。

 

そんなクウラが『スーパードラゴンボールヒーローズ』のプロモアニメに第1話から登場。これまで通り、悟空やベジータらの敵になる…のかと思いきや、本作の敵キャラであるフュー(謎のメガネ男)やカンバー(悪のサイヤ人)と対立しているため、利害関係の一致から味方になってくれるのです。

 

そして、「フューよ。フリーザはゴールデンフリーザになって俺を超えた、と言ったな。弟にできて兄の俺にできないことはない!」と宣言したかと思うと、全身が黄金に光り輝くゴールデンクウラに変身するのです! このゴールデンクウラは、現時点では本作だけのオリジナル形態のため、本作が初披露…! 特大のエネルギー弾をカンバーにぶつけるなどして、共に戦ってくれるという頼もしい展開が描かれるのです。

 

また、クウラはしばらく出演シーンがなかったため中途半端に出番終了になったのかと思いきや、11話や12話でメタルクウラとして再登場。通常のメタルクウラ状態で超(スーパー)サイヤ人・カンバーとなかなかいい勝負を繰り広げているさなか、「遊びはここまでだ」、「見ろ、これがゴールデンメタルクウラだ。…素晴らしい」と自画自賛しながらゴールデンメタルクウラに変身!! こちらも本作だけのオリジナル形態のため、本作が初披露です。

 

ちなみにカンバーは、超サイヤ人になっていないノーマル状態でさえ、超サイヤ人ブルー・ベジットと互角に渡り合った敵。そんなカンバーの超サイヤ人状態を、ゴールデンメタルクウラは圧倒するほどの強さなのです!!(というか、このあたりのパワーバランス設定は、さすがにおかしいような気もしますが……。ゴールデンメタルクウラなら超サイヤ人ブルー・ベジットを余裕で倒せちゃうってことになるので……。)

 

いろいろツッコミどころ満載の『スーパードラゴンボールヒーローズ』ではありますが、ゴールデンクウラ、ゴールデンメタルクウラというクウラの新形態が2つも登場するあたり、『ドラゴンボールZ』劇場版ファンにはたまらない展開なのは間違いないでしょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

昌谷大介

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)代表。ライター・エディター・映像クリエイター。1979年、神奈川県生まれ、大正大学 文学部 日本語・日本文学科卒業。『週刊プレイボーイ』(集英社)、『ダイヤモン...

昌谷大介のプロフィール&記事一覧
ページトップ