【衝撃】ジャムに飽きたらコレ! 柿ピーにミルキー…超進化した『トーストに塗る○○』

ライフスタイル

後藤拓也

 

■トーストに塗る『柿ピー』?!

 

業務用米菓の製造・販売を主な事業としている阿部幸製菓が生み出したのは、なんと“パンに塗る柿ピー”という一風変わった商品です。

 

正式名称を「柿の種のオイル漬け ピーナッツバター」というこの商品は、阿部幸製菓自慢の柿の種とピーナッツオイル、ピーナッツバターを一緒の瓶に入れたという代物。その配合はこだわり抜かれたもので、層に分かれている中身を混ぜてパンに塗ると、意外な組み合わせによる絶妙な味わいが楽しめるそうです。

 

また、砕けた柿の種やピーナッツ、大粒のザラメの食感も面白く、さまざまな料理のトッピングとしても使えるようですよ。トーストに塗るだけでなく、冷しゃぶやアイスの上に乗せるのがおすすめなのだとか。

 

 

■トーストに塗る『ビスケット』?!

 

次にご紹介する「パンに塗る○○」は、またもや意外な食品であるビスケット。ベルギー生まれの「ロータスビスコフ」は、コーヒーにぴったりのビスケットとして有名で、レストランやホテルで提供されることも多いですが、それをスプレッドにした商品も販売されているのです。

 

「ロータス ビスケットスプレッド」は、定番ビスケットの風味をそのまま再現したものだそう。シナモンの香り高いスプレッドは、もちろんパンとの相性バッチリ。さらに、パンケーキやワッフルに添えたり、お菓子作りの材料に使用したりと、色々な使い道が考えられる商品になっているようです。

 

 

■トーストに塗る『ミルキー』?!

 

不二家から1951年に発売されて以来、ロングセラー商品となっているお菓子「ミルキー」も、パンに塗って使用するスプレッドが売り出されています。

 

2018年3月に発売された「ミルキー ソフト」は甘すぎず、それでいてしっかりと練乳の風味が感じられる仕上がり。すぐにSNSなどで人気沸騰し、「悪魔の食べ物」というハッシュタグまで作られるほど話題となりました。

 

この人気を受けて、シリーズ第2弾となる「ミルキー ソフト キャラメル味」が2019年2月に、第3弾となる「ミルキー ソフト いちご味」が11月に発売されています。キャラメルの風味もいちごの風味も、ミルキーとベストマッチなのだそうですよ。

 

変わり種「パンに塗る○○」、いかがだったでしょうか。いつもの朝食にアクセントを加えてくれるユニークな商品たちを、ぜひ一度お試しあれ。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

後藤拓也

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。1992年、東京都生まれ。生きている時間の大半はラジオを聴いている。将棋の対局を観戦したり、野球やサッカー、プロレスを見たり、人文書を読んだり...

後藤拓也のプロフィール&記事一覧
ページトップ