秋葉原は「ドクターペッパー」の聖地!? それはアニメ『シュタインズ・ゲート』が原因らしい…

ライフスタイル

後藤拓也

 

日本コカ・コーラが販売する「ドクターペッパー」は、独特な風味でたくさんのファンを集めている炭酸飲料です。実は、“オタクの聖地”と呼ばれる秋葉原が、この飲み物の聖地にもなっているようで……その理由は、一体何なのでしょうか。

 

 

■まずはドクターペッパーの基本情報を解説!

 

まずは、ドクターペッパーについて詳しく解説いたしましょう。

 

“アメリカでもっとも古い炭酸飲料”と言われているドクターペッパーが誕生したのは、1885年のアメリカ・テキサス州ウェイコ。ドラッグストアを経営していたウェード・モリソンと、そこで働いていたチャールズ・アルダートンによって生み出されました。モリソンの義父にあたる医師、チャールズ・ペッパー博士にちなみ、このユニークな商品名が付けられたのだとか。

 

その風味を決定づけているのは、ブレンドされている20種類以上のフルーツ・フレーバーで、似たものがない唯一無二の味わいは、世界中に根強いファンを生んでいるようです。そんなドクターペッパーが、秋葉原で大人気となっているようなのです。

 

 

■秋葉原の自販機はドクターペッパーだらけ!?

 

街中を歩いてみれば、秋葉原がドクターペッパーの聖地となっていることに、すぐさま気付くことでしょう。コカ・コーラ社の自動販売機は、どこの街にも設置されていますが、ドクターペッパーがラインナップされていない場合も少なくありません。

 

しかし、秋葉原に設置されている自販機には、ドクターペッパーが置かれていることが多く、なかには、コカ・コーラよりも多くのドクターペッパーが並んでいる自販機まで存在しているそうです。

 

秋葉原が聖地であることを表すデータもあり、過去には、自販機におけるセールスシェアで、全国平均の約2倍となる比率を記録したこともあるのだとか。なぜ、この街でここまで売れているかというと……あるアニメ作品の影響が大きいようです。

 

 

■主人公が「ドクペ」を飲んでいる理由とは?

 

そのアニメ作品とは、2011年に放送された『シュタインズ・ゲート』。同名ゲームを原作とした人気作品で、秋葉原が舞台となっています。

 

劇中、主人公である岡部倫太郎が、ドクターペッパーをモチーフにした「ドクペ」を愛飲していたことから、聖地巡礼のために秋葉原に訪れた同作のファンたちが、実際にドクターペッパーを飲んでいたのだとか。この需要増に応える形で、秋葉原エリアへのドクターペッパーの出荷本数が伸び、そのまま定着していったようです。

 

ちなみに、『シュタインズ・ゲート』の原作者である志倉千代丸さんによれば、自分を特別だと認識している“選ばれし者”の主人公は、“選ばれしドリンク”を欲するだろうと考え、「ドクペ」を登場させたそうですよ。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

後藤拓也

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。1992年、東京都生まれ。生きている時間の大半はラジオを聴いている。将棋の対局を観戦したり、野球やサッカー、プロレスを見たり、人文書を読んだり...

後藤拓也のプロフィール&記事一覧
ページトップ