バナナを差し出されて怖がる子ども その理由は…シール恐怖症!?生活の至る所で恐怖を感じてしまう理由とは?

話題

 

本人にしか分からない謎の恐怖症。お腹がすいたという少女に母親が差し出したのは......バナナ。少女はそれを見て強い拒否反応を見せた。まさかバナナ恐怖症!?......と思いきや、少女が嫌がったのは皮に張られていたシールだった!なんと、彼女はシールの恐怖症だという。


実は、このシール恐怖症、彼女だけではなく番組には同じような投稿が来ている。シールといえば子どもはみんな大好きなイメージだが、一体どういう事なのか?きっかけは......ガラスの扉に貼られた古くなったシール。物心がつく前、自分で貼ったものだったが、なぜか気になり......剥がした。そのシールの粘着が指についた瞬間、突然シールに対して異常な嫌悪感を覚えた。


それからというもの、シールを見ることすら嫌になった。本人によると、シールがついているということは、虫嫌いの人にとって、そこに大嫌いな虫がいるのと同じことだと言う。大人になってもシールからは逃れられず、生活の至る所で常に恐怖を感じていた。スーパーで手に取った商品に、半額シールが貼られることも彼女にとっては地獄。


さらに、シールを触らなければ食べられない、コンビニのデザート。どうしても食べたい時は......直接触れないようにティッシュを使って剥がした。


そんな生活が続いていたある日、たまたまテレビで他の恐怖症の特集を見た時のこと。恐怖症にもいろいろ種類がある......まさか!と思って、調べてみた。すると、「シール恐怖症」もあった!そこには同じような体験をした人たちの書き込みが。この苦しみは自分だけではないと思うと、少し楽になったという。


実は彼女には、いわゆる潔癖症の傾向もあったのだが、それもこの恐怖症のきっかけになっていると考えられるという。つまりきっかけとなったあの時......昔貼ったシールをたまたま見て、汚さを感じた。するとシールは、「自分に害を及ぼす汚いもの」として脳が誤って認識し、記憶。


その結果、シールに対し、ほとんど本能的に、防衛反応が働いてしまっていたのだ。そうなると、自分でもバカバカしいと分かっていても簡単には克服できない。そんな本人は、苦しいのは自分だけではないと分かった時、その苦しみがやわらいだという。


ただ、どうしても生活に支障が出る場合は、精神科医や臨床心理士に相談した方が良いそうです。(2019年5月21日 ON AIR)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ザ!世界仰天ニュース

世界各国で実際に起こったさまざまな事件・事故、日常生活に潜む“仰天エピソード”を、当事者への取材をもとに再現ドラマで紹介するドキュメントバラエティ。MCは笑福亭鶴瓶、中居正広。 ザ!世界仰天...

ザ!世界仰天ニュースのプロフィール&記事一覧
ページトップ