酸っぱいみかんは「お手玉」すれば甘くなる!?その理由とは…

ライフスタイル

citrus 編集部

 

■これから旬を迎えるみかん

 

寒くなってくるこれからの季節、食べごろを迎えるみかん。農林水産省によると、温州みかんの旬は、11月~12月ごろなのだとか。

 

こたつに入ってみかんを食べる、あのほっとする時間は、日本の冬の風物詩となっていますよね。

 

しかし、たまに酸っぱいものにあたってしまうことってありませんか?

 

そんな時に役立つ雑学をご紹介します!

 

 

■酸っぱいみかんは「〇〇」すればOK!?

 

酸っぱいみかんを手っ取り早く甘くするには、「お手玉」するのが最適だと言われています。

 

実は、みかんは衝撃や振動に弱く、ちょっとした衝撃でも内部に変化が起こりやすいのだとか。

 

お手玉によってみかんに衝撃が加わると、酸味のもとになっている「クエン酸」が、みかんについた傷の修復に消費されるため、結果として酸っぱさが減り、相対的に甘さが増します。

 

実際、味覚センサーを用いた調査でも、甘みが増し、酸味が減っていたということで、効果はお墨付きです!

 

ただ、一度衝撃を受けると、細胞が脆くなって腐りやすくなるため、お手玉をした後はすぐに食べるようにしましょう!

 

出典:日本「生活雑学」研究会, <生活雑学>324 知って得する知恵の宝庫, 三笠書房, 2004

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ