「あり得る」の読み方って、ありえる? ありうる?

話題

citrus 編集部

 

「あり得る」という言葉は「ありえる」「ありうる」どちらの読み方でも聞いたことがあると思います。

そのため、どちらが正しい? と聞かれたら、すぐに答えることは難しいのではないでしょうか?

日常的に使う言葉でもあるので、これを機に理解してもいいかもしれません。

 

■そもそも「あり得る」の意味とは

「あり得る」には以下の意味があります。

1 起こる可能性がある。当然考えられる。

2 世の中にあることができる。生きていくことができる。

引用元:goo辞書

 

■本来の読み方は?

本来、正しい読み方は「ありうる」です。

文語で「ありえる」口語で「ありうる」と使い分けるのも混乱してしまいそうなので、「ありうる」で覚えておくとよいかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ