ネット上の非喫煙者からもおおむね好評!? 全席喫煙可能の喫茶店『THE SMOKIST COFFEE』の今後に注目!

エンタメ

 

「今気になる・人に話したい旬のネタをお届けするネットニュースのサイト」をキャッチコピーとする『ねとらぼ』が、今どきでは珍しい「全席喫煙可」のチェーン系喫茶店がネット上で話題になっている……といった内容の記事を配信していた。

 
その名も『THE SMOKIST COFFEE』──「大人の嗜好品を愉しむ場所」をコンセプトとした「たばこを吸いながら飲食できる店」で、2020年の11月にオープン。現在は都内に3店舗を展開しており、運営母体は、あの『シャノアール』なのだという。 

 
昨年、4月1日に『改正健康増進法』が施行されてから以降も、全席喫煙可能な喫茶店はいくつかあった。しかし、そのほとんどは、

 
・  客席面積100平方メートル以下
・  資本金5000万円以下
・  既存店(2020年3月31日までに開業)
・  個人、家族経営など従業員がいない

 
……という条件を満たした小規模なお店で、「自宅では原稿が書けないスモーカー文筆家」である私も、徐々に“書斎”をそういう喫茶店にシフトしていったのだけれど、こういう喫茶店はこういう喫茶店で“仕事”には向かない、いくつかのデメリットがある。

 
・狭い店舗内は常連客ばかりで、おしゃべりが騒がしい(もちろん、それにクレームをつける権利なんぞ私にはない)

 ・テーブルが小さくて、多客との間隔も鮨詰め

 ・午後6時くらいには閉店してしまう(コロナ禍じゃない通常時であっても午後7時ごろには閉店)

 
対して、大型の喫茶店は、加熱式たばこのみを可にするか、店内に喫煙ブースを設置するケースがせいぜい──いや、これでも十分にスモーカーへのやさしさは伝わってくる。本当にありがたいと思う。しかし、ワガママを言わせてもらえば、やはり私は「紙巻きたばこを吸いながら」原稿を書きたいし、コーヒーを飲みたい……喫煙ブースへと移動することによって、これら一連のルーティンが分断されてしまい、執筆脳をその都度リセットするのが、正直やや一苦労だったりするのだ。

 
そんななか、大手のチェーン系コーヒーショップ『シャノアール』が、あえて「喫煙者のための空間づくり」に取り組むという試みは、たしかに画期的である。『ねとらぼ』の取材に応えた『シャノアール』の広報担当者は、その意義についてこうコメントしている。

 

 
私たちが過ごす日常の中に、このような喫煙スペースを区分する環境(喫煙目的施設・喫煙目的室)を作ることで、屋外で喫煙する人が減り、結果として煙草を吸わない人の受動喫煙の「機会」が減ると考えております。

 
さて。同記事下にあったヤフコメ欄にも目を通してみると……、

 

 
「当然、全席喫煙をうたった喫茶店や酒場はあっていいし、入口で周知しておけば、何一つ問題ない。むしろもっと増やしてあげたほうがいいくらいでしょう」

 
「最近は(コロナの影響で)路上の喫煙スペースも封鎖されているから、(喫煙家・嫌煙家)お互いにとってメリットだと思います」

 

「全面禁煙の店があるなら全面喫煙の店があってもかまわない。いろんな選択肢があってもいいのでは?」

 
「素晴らしいお店です。副流煙に関しても自己責任だし」

 
「むやみやたらに喫煙を悪とし、吸う場所を無くしたら、ポイ捨てなどのマナー違反が増えるだけ」

 
ちなみに、↑はすべて嫌煙家のコメント。「大のたばこ嫌い」を公言する人たちから、このような「棲み分け」への慈悲深いポジティブな声を聞けば……コッチも「ご迷惑おかけしないようもっと頑張ります!」と、あらためてフンドシを締め直したくなる今日の私なのであった。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ