「ネコ顔」&「イヌ顔」のジャニーズイケメンランキング…これらの分類が「ちょっとおかしい?」件について

エンタメ

 

ランキングの専門サイト『ランキン“グー”』が『ネコ顔のジャニーズイケメンランキング』『犬顔のジャニーズイケメンランキング』なるタイトルの記事を配信していた。とりあえずは、これら双方の「ベスト10」までを“そのまんま”紹介してみよう。

 


【ネコ顔ジャニーズイケメンランキング:ベスト10】

1位:松本潤(嵐)

2位:亀梨和也(KAT-TUN)

3位:伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)

4位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)

5位:横山裕(関ジャニ∞)

6位:永瀬廉(King & Prince)

7位:佐藤勝利(Sexy Zone)

8位:京本大我(SixTONES)

9位:加藤シゲアキ(NEWS)

10位:大西流星(なにわ男子)

 

【犬顔ジャニーズイケメンランキング:ベスト10】

1位:玉森裕太(Kis-My-Ft2)

2位:二宮和也(嵐)

3位:平野紫耀(King & Prince)

4位:櫻井翔(嵐)

5位:木村拓哉

6位:岸優太(King & Prince)

7位:中丸雄一(KAT-TUN)

8位:堂本光一(Kinki Kids)

9位:三宅健(V6)

10位:大倉忠義(関ジャニ∞)

 


さて、親愛なる読者の皆さまは以上をご覧になって、いかなる印象をお抱きになったことだろう? 私は正直なところ、けっこうな違和感をおぼえた。「イケメン」という観点から見たランキング自体に文句はない。が、「ネコ顔」と「イヌ顔」の分類が「どうもおかしい…」と、つい疑問を呈してしまうメンバーがどっちのランキングにも数人混じっている……ような気がしてならないのだ。

 
 
一応、「ネコ顔」と「イヌ顔」が、具体的にはどういった顔のことを指すのか……をネット上で調べてみたら、

 
ネコ顔=キリッとした(スッキリとした)目力の強さや、ほっそりしたシャープな輪郭といった特徴を持つ顔立ちのこと

 

イヌ顔=丸くて大きな瞳や童顔、面長な輪郭といった特徴を持つ顔立ちのこと

 
……と書いてあった。イマイチ判然としない、ぼや〜んとした解説である。誤解を恐れずに断じてしまうなら、私には「ネコ顔=ガーリッシュ」「イヌ顔=ボーイッシュ」みたいなイメージがある。で、これらを前出のランキング結果に該当させてみると……??? まず、「ネコ顔」のベスト3が全員、私としては納得できない。

 
そりゃあ、1位の松潤は目元こそ釣り上がっていてスッキリ系だけど、顔の骨格などをトータライズに捉えてみたら、むしろ「イヌ顔」なのでは? 2位の亀梨だって「ネコ顔」「イヌ顔」のどっちでも解釈できるファジーな線……。3位の伊野尾にいたってはクリクリ目玉の丸系童顔……と、完璧な「イヌ顔」でしょ!

 
いっぽうの「イヌ顔」のツートップ・玉森とニノも怪しいもんである。たしかに「ネコ顔」ではない。かといって「イヌ顔」と断定できるほどに犬っぽいかと問われれば、その犬度はかなり薄い。つまり、正確な表現をすれば、単なる「ネコ顔じゃないジャニーズイケメンランキング」でしかないのではないか?

 
あくまで個人的なゴメスの意見を押し通すならば──「ネコ顔」の1位は京本大我、「イヌ顔」の1位は櫻井翔……といった感じでいかがだろう? だからなんなんだって話ではあるのだけれど……(笑)?

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッション、学年誌、音楽&...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ