【漢検準1級レベル】「忽ち」←この漢字、何と読む?(第189問)

話題

citrus 編集部

 

SNSの話題をお届けするcitrus。

今回は話題の情報から少し離れてひと休み。頭の体操でリフレッシュしましょう!

出題するのは難読漢字。

大学、一般レベルを含めた約3000字の知識が求められる漢字検定準1級レベルの問題です!

 

 

■気になる答えは…

この漢字の読み方は、「たちまち」でした!

 

 

■解説

たちまち【×忽ち】 の解説
[副]《「立ち待ち」の意からか》
1 非常に短い時間のうちに動作が行われるさま。すぐ。即刻。「うわさが忽ち広がる」「飲めば忽ち効く薬」「忽ちのうちに売り尽くす」

2 思いがけなく、ある事態が発生するさま。にわかに。急に。「空が忽ち曇って雨が降り出した」

3 (多く「たちまちに」の形で)現に。確かに。まさに。

「閻魔王の所にゐて至るに、―に一人のやむごとなき僧まします」〈今昔・六・一一〉

では皆さん、また次回のクイズでお会いしましょう!

 

 

引用:goo国語辞書「忽ち(たちまち)」,(参照:2021-6-10)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ